夜の不調は膣のゆるみが原因かも!引き締めて楽しい時間を過ごそう

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆるみで予想外の問題も

レディー

膣のゆるみは、内臓を支える骨盤底筋が衰えている状態でも起こります。骨盤底筋を引き締めをしないと、膀胱のゆるみで尿漏れトラブルが発生することもあります。しかし、ゆるみが大きいと戻すにはかなりの労力が必要になります。

Read

ダウンタイムで選ぶ

考える人

膣の引き締め施術で、ダウンタイムがもっとも短いものから最長のものまでをご紹介していきます。ダウンタイムを一番に考えるのなら、施術の種類とダウンタイムの目安を知っておきましょう。

Read

ブースト効果として利用

ヒップ

膣の引き締めで最短でもっともリスクが低く済む施術が、超音波照射です。効果が発揮されているうちに、膣トレや腹筋・骨盤底筋トレーニングを行なえば、効果が切れても問題が再発せずに済むでしょう。

Read

夜の不調の原因は

女性

「夫婦で過ごす夜の時間が減った」「感じにくくなった」「以前のように性行為が楽しめない」、夜の生活でこうした悩みを抱えている夫婦も多くいます。さてこの原因として考えられるのが、膣のゆるみです。感じにくくなったのは、膣が広がってしまっている恐れがあります。中がきゅっと引き締められないと、膣の内壁を擦らないので感じにくくなります。またその刺激がないので、男性側もいくまでに時間がかかるのです。お互い気持ちよくなれず、夜の時間が負担になると、回数自体が激減します。膣の引き締めをすることで、お互いに楽しい時間を取り戻しましょう。膣の引き締めで、手っ取り早い方法としては美容クリニックへの相談があります。美容クリニックでは、ヒアルロン酸などを注入する注入法や、レーザーで引き締めをする照射法、手術があります。メスを使わない施術で、傷が残らないというものもあります。各ダウンタイムや費用などから、どれが向いているのかを検討してみるのも良いでしょう。短時間で施術が終わる方法や、半永久的な効果が見込める方法など、自分に必要な条件から考えてみると良いでしょう。軽度であれば普段のトレーニングで解消することができる場合もあります。クリニックへ相談を考えるなら、各施術のメリット・デメリットを、わかりやすいように一覧にしているサイトもあるので、参考にしましょう。一覧から、費用やダウンタイムをチェックしてみてはいかがでしょうか。